福島と福祉の今を考え体感できるニュータイプの福祉系就職フェア

3.11以降、福島県、特に相双地域等における福祉人材の確保が
困難な状況が続いていることをご存知でしょうか?
その地域で働く介護職員の人材不足がこれ以上に続くと、
利用者の生命を脅かす事態に陥る可能性があるのです。

そこで、まず私たちがやるべきことは、
福島の現状を「知らない・分からない」で終わらせるのではなく、
「考えてみよう・知ってみたい」に思考をシフトしていくことだと思うのです。

このような思いから、
ニュータイプの福祉系就職フェア&現地施設見学ツアーを開催します!

REPORT